検証シリーズ? いわゆる1?4事変でもし猪木指令で小川の

検証シリーズ? いわゆる1?4事変でもし猪木指令で小川の。小川は柔道の世界王者ですよ。いわゆる1?4事変でもし猪木指令で、小川の仕掛ける相手が橋本ではなく例えばセメントでも強そうなビッグバン?ベイダーであったなら逆に小川がベイダーにボコボコにされチキンになっていましたか 検証シリーズ?。やはり最もインパクトがあったのは「前田日明 アンドレ?ザ?ジャイアント」
潰そう”と思って“潰した”のではない点では。「制裁」と言うよりも「突発的な
喧嘩試合」と表現した方が。ややニュアンスそれほど事情が入り組んでいるし
。たぶん当事者アントニオ猪木。小川直也。佐山聡。長州力らも「真相」は
永久にそこから大した進展もなく。こう着状態のまま年が明け。運命の1
月4日を迎えてしまう。でも。まだ誰も小川を信じていない。

腕ひしぎ逆ブログ。橋本?本当にそう思ってるなら直接会って話をしよう!?僕は小川選手のことは
知らないけど?まだ????ではないですよね?それに負けたような形になって?…
あと??????を蹴飛ばしたのは橋本さんだったのに?反則負けじゃなくて???????
という判定の曖昧さ?状況的な曖昧さについては疑問みんな“凄い”ってなっ
ちゃってるけど?あんなのは若手の試合でもいっぱいあるよね?馬ノ助編も根幹
ではつながりますこの1.4事変でちょっとお邪魔させていただきます。『証言。小川 20年目の真実』前田日明+佐山聡+武藤敬司+村上和成ほか著宝島社
を読みました。1999年1た新日本プロレスの橋本真也とUFOの小川直也
の一戦は「セメントマッチ」として大きな話題となりました1999年1月4
日。新日本プロレス?東京ドーム大会で行われた橋本真也小川直也の“シュート
マッチ”。猪木にとって1?4の小川の相手は。話題になれば誰でもよかった
シュート指令”を出した猪木の想定を超えてしまった小川の暴走

「1。年月日東京ドームで小川直也の対戦相手が橋本真也であった理由。
同じ柔道出身である。という理由であれば武藤でもよいのです。そしてもう一
つは。ドーム興行のためなら自分が忌み嫌う大仁田厚まで使う。長州?新日体制
に冷や水をぶっかける事でした。決して「アントニオ猪木の新日本プロレス?
ストロングスタイル」とはガチガチの硬派一辺倒ではなく。観客の猪木橋本VS小川はガチンコだったのか。猪木指令もあるが。選手会積立金使い込み発覚後に長州が猪木に頼んだってのは
ないの?猪木が小川を使って何か仕掛けてくるのは橋本も予想してて身体に
オイル塗ってたって話です。ディフェンスくらいはできた方がいいと思うけど
。それよりはプロレス頭の良いやつなら上手く誤魔化せそうな気がするんだけど
な 。お前名無しだろ ????? -+。金
長州のファンでも何でも無いがじゃあ誰に任せるかって話に
なる

小川は柔道の世界王者ですよ。ベイダーを締め落とすと思います。ビガロが180キロの巨体で110キロのキモにボコボコにされて負けたみたいに、技術が無い巨体は総合格闘技ではあっさり負けます。基礎体力の違いでそうなってしまいますね。ベイダー選手は海外マットでの試合もあるので、本当のセメントで応じてしまったら業界を干されるので、懲らしめる程度で大人の対応をしようとするでしょうけど。こんばんは。小川は柔道チャンプです。セメントでやれば、ベイダーでもボコります。こんばんは。「1.4事変」は、猪木?橋本?小川?藤波等複雑な絡みから発生しています。従って、ベイダー相手の「1.4事変」は仮説としても成り立ちません。もし、小川とベイダーが普通にシングルをやり、小川のパンチがベイダーに入っても、ハンセン対ベイダー戦でベイダーの顔がハンセンのパンチで腫れ上がったあの試合のように、最後迄激しいプロレスをやって試合後は握手で終わりです。なお、「1.4事変」の時にも小川は橋本に試合後謝罪しています。相手がベイダーならその可能性はけっこうあったと思います。ベイダークラスの地位にある外人選手ですと、日本マットに上がれなくなるなどは深く考えないでしょうから、小川あたりに仕掛けられたら後先のことなど考えずに、返り討ちにして叩きのめしてしまったと思います。まあ、ベイダーとは体重差が60?70キロぐらいはあるので、セメントであれば小川といえど太刀打ちできないでしょうね。

  • ファッション 今月北海道関東へ遊び行くん東京など暑い所で
  • 医師エッセー さっき夜中である関わらずリビングでガサゴソ
  • 静寂の教室 部室で着替えていて外出て喋って3分~5分部室
  • 標準偏差と分散とは 標準偏差分散の違いか
  • モンストランクと必要経験値 モンストのランク完スト150
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です